上下の歯をに閉じた時に、上顎の歯の咬み合わせが深い症状を過蓋咬合(かがいこうごう)といいます。
過蓋咬合は、見た目の歯並びが綺麗に並んでいるケースも多いため、咬み合わせの異常に気づきにくい不正咬合です。

過蓋咬合の原因・リスク

歯の傾斜や位置・顎の位置

遺伝の影響による歯の傾斜をはじめ、歯の位置や上下の顎骨の位置によって咬み合わせが深くなる場合があります。
過蓋咬合は、前歯の咬み合わせが機能せず奥歯の使用頻度が高くなるため、顎関節や顎の筋肉に大きな負担がかかり、顎関節症リスクが高くなります。

歯の長さや顎のバランス

下顎が正常に発達しない場合や上顎が過度な成長をした場合、または前歯が長かったり、奥歯の高さが足りなかったりすることで過蓋咬合になります。

虫歯の影響

虫歯で奥歯を失い、そのままの状態にしていると奥歯の咬み合わせが低くなるため、過蓋咬合になりやすくなります。
また、過蓋咬合は口呼吸になりやすくなり、口呼吸によって口腔内が乾燥するため、細菌の繁殖によって虫歯・歯周病リスクを高めてしまいます。

強い食いしばりや悪癖・悪習慣

過度な食いしばりや唇を噛む・頬杖をつく・指しゃぶりなどの悪癖・悪習慣によって、歯並びや咬み合わせのバランスが崩れ、過蓋咬合になる場合があります。
また、過蓋咬合は極端に咬み合わせが深いため、被せ物やつめ物に大きな負荷がかかることになります。
そのため、破損や脱離の可能性が高くなります。

過蓋咬合の基本的な治療法

過蓋咬合(咬みあわせが深い)の矯正治療では、奥歯部分の咬み合わせを調整しながら、前歯の傾斜や位置・バランスを正して、前歯部分の歯並び・咬み合わせを整えていきます。

必要に応じて、歯茎側に歯を押し込む「圧下」という処置をインプラントアンカーを用いて実施し、深い咬み合わせを正常な状態へ導きます。骨格的な影響が大きい場合には、外科処置を併用して過蓋咬合を改善します。

成人の過蓋咬合は難易度が高いため、じっくりと時間をかけて症状を緩和・改善していきます。圧下などの技術を要する処置の実施や抜歯の有無、外科処置が必要か否かで多少の変動はありますが、約2年~2年半位が治療期間の目安となります。

小児のうちから過蓋咬合の治療が行えれば、下顎の成長力を使用し、外科処置や抜歯を行なうリスクを軽減することができます。

叢生・八重歯 小児矯正症例

叢生・八重歯症例 永久歯抜歯なし

叢生治療症例

10代の男児です。歯の凸凹感を親御様が気にされて来院されました。乳歯がほとんど虫歯だったため、歯並びに悪影響が出ていた患者様でした。さらにはレントゲン写真で確認をすると、左上の永久歯がまっすぐ生えることなく、骨の中で横向きになっている等問題点が多いケースでした。傾いた左下の奥歯をまっすぐにして、その手前の永久歯のための隙間を作りつつ、左上の永久歯が出てくることをアシストするために乳歯を抜歯、その後かみ合わせを上げつつ埋まっていたはの位置を整え、かみ合わせを上げました。

 

年齢・性別 10代男児
治療期間 4年
抜歯の有無 永久歯の抜歯はなし
治療費 495,000円(税込)
備考 乳歯早期喪失、埋伏歯
リスク・注意点
・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など
https://tt.yukenkai.com/wp-content/uploads/2022/07/doctor-shimoyama.png
矯正医 下山先生

子供の治療で早期に矯正歯科・歯磨きなどのセルフケアの方法をアプローチをすることで、永久歯は乳歯よりも虫歯が少ない状況を維持できています。患者様とご両親も非常に喜んでいただきました。左上の前歯の隙間に関しては、大人の本格治療ができるようになったら、開始する予定です。

叢生・八重歯 大人の矯正症例

叢生・八重歯症例 抜歯なし

過蓋咬合の矯正治療例(40代女性・治療期間8ヵ月)

40代の女性です。上の歯の突出感と下の歯の凸凹を気にされて来院されました。分析の結果、かみ合わせがかなり深く、通常のワイヤー矯正では最初にかみ合わせを上げる処置が必要になり、インビザラインによる治療を選択しました。インビザラインは奥歯の移動を得意としているため、前歯の関係も改善されました。また全体的に上の歯が前に出ているため、上の奥歯から一本ずつ後ろに送り、前歯の出ている状態を改善し、下の歯はやすり掛けをして少し歯のサイズを小さくしながら凸凹を直しました。

 

年齢・性別 40代女性
治療期間 8ヶ月
抜歯の有無 なし
治療費 1,045,000円(税込)
備考 インビザラインにて治療
リスク・注意点
・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など

 

江戸川区で過蓋咬合でお悩みの方

葛西KT矯正歯科では、患者さまが理解を深め、矯正治療に専念していただけるよう、矯正無料相談やセカンドオピニオンを実施しております。過蓋咬合は小さなお子様のうちから治療を開始できれば、外科処置を実施するリスクを軽減することができます。患者さまに適した装置をはじめ、費用や治療期間についても詳しくご説明いたしますので、葛西にて過蓋咬合(咬み合わせが深い)の矯正治療をご検討中の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。