奥歯の歯が上下噛み締めた状態で、前歯に隙間ができる歯並びを「開咬(かいこう)」といいます。前歯が咬み合わないため、正常な咀嚼ができず奥歯や顎関節に負担が常にかかった状態となります。さらに、発音や滑舌にも問題を抱えた方が多く、コミュニケーションにも悪影響がでていることもあります。

開咬の原因・リスク

幼少期からの悪癖・悪習慣
慢性的な口呼吸

小さい頃の悪習癖が原因で開咬となるケースが多いです。例えば、指しゃぶり、舌で前歯を押す、前歯で舌を噛むことによって上下の咬み合わせ・歯並びが乱れ、開咬の原因となることがあります。
また、鼻詰まり等、慢性的な口呼吸が原因でお口周りの筋肉のバランスが乱れ、開咬を引き起こすこともあります。

遺伝による顎の形態など

歯並びや咬み合わせは遺伝の影響を受けやすい傾向があります。
そのため、遺伝によって生まれつき顎の形態に問題があると、成長に伴い開咬の症状が悪化する場合もあります。
上下の前歯に常に隙間があるため、空気が漏れて正確な発音や滑舌が困難となります。
中でもサ行(ザ行)・タ行の発音に支障が出やすく、コミュニケーションにも悪影響を及ぼす可能性があります。

奥歯の喪失・顎関節リスクが高くなる

開咬は前歯で「噛み切る」機能がほとんどないため、奥歯の使用頻度・負荷が大きくなります。そのため、顎関節や奥歯への負担が大きくなり、顎関節症リスクや奥歯の補綴物の脱離・奥歯の喪失リスクが高まります。

開咬の基本的な治療法

通常の矯正治療に加えて、MFT療法を実施します。MFT(口腔筋機能療法)とは、口周りや歯並びの周囲の筋肉のバランスを整えるトレーニングです。開咬の原因となった舌の位置やその他の悪癖を正していきます。

悪癖や悪習慣の改善も並行して行うことになるため、矯正期間は長期となることが多いです。抜歯の有無や症例の状態で多少の変動がありますが、2年~2年半が治療期間の目安となります。その後は保定装置を用いて歯並びを安定させていきます。

開咬 小児矯正症例

開咬症例 抜歯あり

開口症例10代

前歯が出ており、前歯で噛みづらいとのことで来院されました。
治療方針として前歯を後ろに下げ、口元を下げるために上下左右の歯を1本ずつ抜歯して矯正治療を行いました。治療開始前は前歯はほとんど機能しておらず、奥歯にのみ力の負担がかかっている状態でした。歯の本数は減っていますが、全ての歯が機能することで、咬む面積は増加し、咬む力も増すことができました。
抜歯をすることで、治療期間も比較的短く、無事治療終了することができました。

 

年齢・性別 10代女児
治療期間 1年10ヶ月
抜歯の有無 上下左右1本づつ
治療費 990,000円(税込)
備考 ブラケット矯正
リスク・注意点
・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など

 

開咬 大人の矯正症例

開咬症例 抜歯なし

30代の男性です。奥歯しか噛み合わないことを気にされて来院されました。分析の結果、非抜歯にて治療を行いました。奥歯のみでしか噛み合っていないだけでなく、かみ合わせが受け口気味になっていること、顎の関節に痛みがあることなど、見た目以上に機能的な問題点が多く、初診時はかなり日常生活に支障をきたしていました。
下顎の奥歯から後ろに下げることによって、受け口の傾向をなおしつつ、マルチループというワイヤ―を用いて、1本ずつ噛みこむように治療を行いました。

 

年齢・性別 30代男性
治療期間 2年5ヶ月
抜歯の有無 なし
治療費 1,045,000円(税込)
備考 顎関節症あり
リスク・注意点
・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など
https://tt.yukenkai.com/wp-content/uploads/2022/07/doctor-shimoyama.png
矯正医 下山先生

治療途中から顎の痛みが改善し、前歯で物が噛み切れるようになり、日常生活を送りやすくなったと大変喜んでいただけました。

葛西で開咬・顎関節症でお悩みの方は

葛西KT矯正歯科では、矯正の専門医が開咬(前歯が開く)の矯正治療を実施いたします。当院では、患者さまが理解を深め、矯正治療に専念していただけるよう、矯正無料相談やセカンドオピニオンを実施しております。患者さまに適した装置をはじめ、費用や治療期間についても詳しくご説明いたしますので、江戸川区・葛西にて開咬(前歯が開く)の矯正治療・顎関節症の症状でお悩みの方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。